ピアノを習わせている親の気持ち

今日もレッスンには何人かの保護者の方が一緒に来室されました。
終わるのをお部屋の外で待っている方、レッスン室に入って見学される方、いずれにして様子を知りたいのですね。

「○○ちゃん、読譜がすごくできるようになりましたよ」ってお話するとお母様もニッコリ♪ 子供も得意顔♪
そんな光景を見るのがすごく好きです(^^)
やっぱり親も子供を褒められるって嬉しいですよね。

ピアニストにさせたいくらい子供に期待してる方は少数派。
“何か楽器が弾けたらいいなと思って”、“情操教育で”、“脳の働きにいいお稽古事だから”、などなど想いはいろいろ。
いろんな分野での可能性も考えて、その1つとしてピアノがあるってことでもあります。
でもその反面、「いつまで続くかわからないから」と言われるとちょっと寂しい気がします。

何をやっていても、続けるって簡単な事ではないです。
辞めたくなる気持ちになるのは、私も経験者です。
特にピアノは家での練習が必要なものだから、それを負担に感じるとやめたくなるときあります。

でもそんな心の波を、フォローして続けさせてるお母さんはすごいのです。
どんな事も、継続は力なり!
だからきっとピアノを習っている子供たちには、他のことも頑張る力がついているって信じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください