音楽と心の関係Vol.3【モーツアルトの曲は癒しに?!】

モーツアルトが胎教にいいとか

ヒーリング効果があるとか

耳にした事がある人も多いと思います。

では、なぜいいといわれるのでしょう

それは・・・

人はストレスが過剰になると、交感神経と副交感神経のうち交感神経が優位にたってバランスを乱します。

モーツアルトの音楽は、そのバランスを整え、

人の健康を支えている生体機能に刺激を与える高周波を豊富に

含んでいるからと言われています。

 

モーツァルト生誕250年記念 エターナル:モーツァルト

新品価格

¥2,527から

(2014/1/12 21:42時点)

詳しくは、

3500ヘルツに近い周波数が安らぎを感じると言われていて、

多数ある音楽の中でも特にモーツァルトの音楽は3500ヘルツ以上の

高周波を豊富に含んでいるからとされています。

(人が感じ取れる周波数・・・15~20,000ヘルツ)

でも、人の好みも様々ですから、

自分が聴いて心地よいと思った曲がいいのだと私は思います

私個人的には、

癒しや心の安定をはかりたい時は、

『グレゴリオ聖歌』です

『グレゴリオ聖歌』はアカペラで宗教音楽ですが、

抑揚のない安定した感じが心を鎮める気がしています

グレゴリアン・チャント

新品価格

¥5,659から

(2014/1/12 22:07時点)

モーツアルトなら「弦楽四重奏」「レクイエム」

バッハの「マタイ受難曲」なんかも癒されますが・・・

元気になりたい時や、気持ちをアップさせる時はまた別な曲だったりして

クラシック以外の曲もまったくアリ!です

History of Classical Music on 100 Cd’s

新品価格

¥15,755から

(2014/1/12 21:50時点)

写真はちょっと古いものですが、、」

{E67A0887-E19E-4712-BB2A-08A8059099B6:01}

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください