講師ブログ」カテゴリーアーカイブ

私が子供の頃に比べ、最近はいろいろな教材あります。

基本の教材はもちろんあるのですが、

私の場合、副教材をその時々でその生徒さんに合わせて使ったりしています?

今、幼児のレッスンで、生徒さんのみならず私自身も楽しくて使っているテキストが、春畑セロリさんのもの。

決して練習が大変でもなく、むしろ想像力だけで楽しめる教材であることが魅力のひとつ♪

その春畑セロリさんの講座を受けてきました??

先生ご本人もとても魅力的な女性でした!

IMG_1279

IMG_1281

春畑先生のサインももらってきました!

似顔絵付きのところにが先生のお人柄がでています?

IMG_1280

音楽と心の関係Vol.3【モーツアルトの曲は癒しに?!】

モーツアルトが胎教にいいとか

ヒーリング効果があるとか

耳にした事がある人も多いと思います。

では、なぜいいといわれるのでしょう

それは・・・

人はストレスが過剰になると、交感神経と副交感神経のうち交感神経が優位にたってバランスを乱します。

モーツアルトの音楽は、そのバランスを整え、

人の健康を支えている生体機能に刺激を与える高周波を豊富に

含んでいるからと言われています。

 

モーツァルト生誕250年記念 エターナル:モーツァルト

新品価格

¥2,527から

(2014/1/12 21:42時点)

詳しくは、

3500ヘルツに近い周波数が安らぎを感じると言われていて、

多数ある音楽の中でも特にモーツァルトの音楽は3500ヘルツ以上の

高周波を豊富に含んでいるからとされています。

(人が感じ取れる周波数・・・15~20,000ヘルツ)

でも、人の好みも様々ですから、

自分が聴いて心地よいと思った曲がいいのだと私は思います

私個人的には、

癒しや心の安定をはかりたい時は、

『グレゴリオ聖歌』です

『グレゴリオ聖歌』はアカペラで宗教音楽ですが、

抑揚のない安定した感じが心を鎮める気がしています

グレゴリアン・チャント

新品価格

¥5,659から

(2014/1/12 22:07時点)

モーツアルトなら「弦楽四重奏」「レクイエム」

バッハの「マタイ受難曲」なんかも癒されますが・・・

元気になりたい時や、気持ちをアップさせる時はまた別な曲だったりして

クラシック以外の曲もまったくアリ!です

History of Classical Music on 100 Cd’s

新品価格

¥15,755から

(2014/1/12 21:50時点)

写真はちょっと古いものですが、、」

{E67A0887-E19E-4712-BB2A-08A8059099B6:01}

 

音楽と心の関係Vol2 【脳と音の波動関係】

音楽は、リズムとメロディとハーモニーで出来上がっている波動です。

脳波も波動です。

波動に波動を合わせると、共鳴して、波形が変化するようです。

元気なとき、具合が悪いとき、落ちこんでいる時などで、波形のパターンが変わり、その脳波のパターンを変えることで、改善を促すのが音楽療法です。

このように、科学の進んだ現代において、

音楽が医学的作用を持つことは実際に証明されているのですが、
古代ギリシアの数学者ピタゴラスも「音楽が人の精神の乱れを癒すこともできる」と唱えているそうです

ピアノを習わせている親の気持ち

今日もレッスンには何人かの保護者の方が一緒に来室されました。
終わるのをお部屋の外で待っている方、レッスン室に入って見学される方、いずれにして様子を知りたいのですね。

「○○ちゃん、読譜がすごくできるようになりましたよ」ってお話するとお母様もニッコリ♪ 子供も得意顔♪
そんな光景を見るのがすごく好きです(^^)
やっぱり親も子供を褒められるって嬉しいですよね。

ピアニストにさせたいくらい子供に期待してる方は少数派。
“何か楽器が弾けたらいいなと思って”、“情操教育で”、“脳の働きにいいお稽古事だから”、などなど想いはいろいろ。
いろんな分野での可能性も考えて、その1つとしてピアノがあるってことでもあります。
でもその反面、「いつまで続くかわからないから」と言われるとちょっと寂しい気がします。

何をやっていても、続けるって簡単な事ではないです。
辞めたくなる気持ちになるのは、私も経験者です。
特にピアノは家での練習が必要なものだから、それを負担に感じるとやめたくなるときあります。

でもそんな心の波を、フォローして続けさせてるお母さんはすごいのです。
どんな事も、継続は力なり!
だからきっとピアノを習っている子供たちには、他のことも頑張る力がついているって信じています。

子供の競争心

今日のレッスンは幼児のグループレッスンでした。
「よくできたね〜」と1人をほめると、僕も私もになっていっせいに「せんせい!弾けたよ〜」
意外に小さい子供って負けず嫌いなんですよね。自信があるない関係なく弾けたと言います。
そして1人ずつ必ず1回以上はほめるようにしています。
どんなに時間がかかって『ドレミ』が弾けたとしてもほめまくる。
評価をもらう → 喜び → 自信 ですね。

こんにちは!仙本あきえです

はじめましてピアノ手習いドットコムの専任講師の
仙本晶愛(せんもとあきえ)です。

 

ac
仙本晶愛(あきえ)プロフィール
音楽大学在学中からレッスンを始め3歳児から75歳まで延べ1000人以上を指導自宅と大手音楽教室で個人やグループコース指導を行っている現役の講師です。

彼女の所で学ぶ生徒は初心者からコンクール本選優勝者、
最近ではプロとして活躍する者等、幅広い生徒を輩出している

その人その人の個々のレッスンを行い生徒はもちろん
生徒の保護者達にも高い評価を得ている。

その指導というたくさんの経験の中で生れた独自の哲学とメソッドを開発した。